座禅会 臨済禅師の言葉

Pocket

9月に入りましたが、暑い日々が続いております。

それでも、境内には、秋の花である芙蓉が開花し、秋の到来を感じます。

さて、本日は、雨が降る中、第2土曜日恒例の座禅会を開催いたしました。

初参加の方、5名を含め、20名の方がご参加くださいました。

雨の中、ご参加いただきまして、ありがとうございました。

今回も、ソーシャルディスタンスを確保し、マスクを着用していただきました。

お経のほうも、参加者の皆様には黙読していただき、私はマイクで唱えさせていただきました。

そして、25分の座禅を2セットした後、マイクで、お話をさせていただきました。

本日のお話は、臨済宗の宗祖、臨済禅師の言葉。

「随処に主と作れば立処皆な真なり。境来れども回換し得ず。」

「どこででも自己が主人公となれば、立っている所はすべて真実である。どんな境がやって来ても、君たちを引き回すことはできない。」

本来持っている自己、自他・損得を離れた仏心で生きれば、周りに引きずられない主体的な生き方ができる。

この臨済禅師の言葉をご紹介して、お話しさせていただきました。

お話の後、参加者の皆さんには、お茶とお菓子をお持ち帰りいただきました。

来月の10月に入りますと一段と涼しく座禅しやすい季節となります。

来月の座禅会も、またお越しください!

芙蓉(ピンク一重)

酔芙蓉(八重)

Pocket

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ